web clap

登場人物

―鬼―

村雲(むらくも)
戒羅の戦い手。湖袖の姫守を務めることが多い。
伊丹(いたみ)
村雲を戒羅の戦い手に推薦した老人。
禄(ろく)
村雲が最初にとった弟子。一年前に戒羅で死んだ。
不次(ふじ)
戦い手になるために、新たに村雲に弟子入りした青年。
湖袖(こそで)
贄姫を務める巫女。神代の力を持つ。
浦春(うらはる)
贄姫を務める巫女。神代の力を持たない“偽姫”。
朽果(くちはて)
村雲の友人。戒羅においては村雲の好敵手。
錆止(さびどめ)
朽果の弟分。戒羅における実力者。
名賀糸蘇(ながのしそ)
贄姫を務める巫女。神代の力を持つ。
犬見(いぬみ)
新たに戦い手に加わった壮年の男。
加々見(かがみ)
犬見とともに鬼手を務めた男。
壬生(みぶ)
戒羅の舞台で勝利を重ねる争いの“鬼”。
白露
集落で最も名の知られている女の戦い手

―守―

錆丸(さびまる)
下津留(しもつる)の国の暗部“廃れ者”の一人。四ツ影。
波織(はおり)
下津留の国の三の姫。
“頭領”
下津留の国の暗部“廃れ者”の頭。
入部文継(いりべ ふみつぐ)
字川(あざかわ)の国の二の若君で波織の夫。
八代目洲汪帝(すおうてい)
波織の父で下津留国の帝。死去。
九代目洲汪帝
謎の死を遂げた波織の兄。
一江(ひとえ)
下津留の国の一の姫。香治の国に嫁いだ。
朽丸(くちまる)
下津留の国の暗部“廃れ者”の一人。二ツ影。
破丸(やぶれまる)
下津留の国の暗部“廃れ者”の一人。三ツ影。

―贄―

名賀寅之雄(ながとらのお)
名賀神社の神主にして、名賀家の長。
名賀千代(ながのちよ)
寅之雄の死んだ妻。
名賀玄仁(ながのくろひと)
寅之雄の義理の息子であり、唯示法皇の嫡子でもある。
名賀麻桐(ながのあさぎり)
寅之雄の娘。糸蘇を産んですぐに息を引き取った。
名賀糸蘇(ながのしそ)
玄仁と名賀麻桐の間に生まれた娘。神代の巫女の一人。
華(はな)
寅之雄と麻桐に仕えた名賀神社の権禰宜。
織里(おりさと)
寅之雄の旧友であり、華の叔父。
唯示法皇(ゆいじ・ほうおう)
香治(かな)の国の頂点に君臨する斐川法家の君主。
朱沙親王(あかし・しんのう)
玄仁の旧知の友。前法皇の一族を意味する“刻家”の一員。
百時親王(ももとき・しんのう)
前法皇の嫡子。法皇や寅之雄と同世代の、年老いた親王。
一持親王(いちもち・しんのう)
百時の孫であり、朱沙にとっては甥にあたる親王。
鹿泰親王(ろくだい・しんのう)
法皇の妾の子。歳は玄仁に近いが、接点はほとんどない。
梅子(うめこ)
一持親王の正妻。字川国より玄仁が連れてきた姫君。
圭子(たまこ)
土の神代。糸蘇に巫女としての振る舞いを教え育てた。
御条親王(みじょう・しんのう)
法皇の嫡子であり、玄仁の異母兄弟にあたる親王。
灯放(ともはな)
火の神代。隠し続けるように命ぜられた秘密を持つ。